Workers K&T H MFG Co “Buckle Back Trousers, Beige”

Workers(K&T H MFG Co.)“Buckle Back Trousers, Beige”
41カーキでは無いトラウザーを作りたい、着たい。この思いからスタートしました。

SouthwickやBrooks、また無名メーカーのタキシードパンツなど、好きで集めたりたまにはいたりもしていたのですが、素材が薄手のウールや、ストライプ地であり、毎日はける一本とは言えません。

そこで、そういったトラウザーのディテール、バックルバックをトラウザーに取り入れ、素材をカジュアルなチノ生地。

生地は前回のBuckle Back Trousersとは変更して、以前よりも染色の堅牢度が少し高い生地を使っています。前回製品を自分ではきこんでみて、味わいは出る生地であればあれでよかったのですが、もう少し綺麗にはける時間を長くしたいという事で、今回新たな生地を選びました。2012年のLounge Jacketに使った生地と同じです。

後ろポケットを突き抜け、深く取ったダーツ、これはサンフランシスコに行った時に見た某社の古いチノパン。ヒップ周りがゆったりとして、実にラフな雰囲気がありはきやすそうでした。これを基に、仮縫いを繰り返してダーツ寸法を決めています。私が今まで作っていたトラウザーが、比較的ヒップ寸法が小さめだったので、今回は、少しだけ大きめにしています。

バックルはまた新たな、国産の針シンチ。同じ針シンチでも、ワークパンツに使う真鍮生地とは違う、美しいめっきに銅で「SOLIDE」と入った物です。

ボタンもやはりビンテージの黒塗りボタンを基にボタン屋さんがオリジナルで作った物。真鍮に黒塗り塗装。刻まれた柄の細かさ、元型を手で彫るからこそビンテージそっくりのギザギザが出ています。

細かな部品にビンテージらしさ、トラウザーらしさを取り入れていますが、最終的には股上はある程度浅くとも、ヒップ周りに適度なゆとりのある、中庸なシルエットを目指したはきやすいトラウザーを目指しています。

洗い済みの製品をお送りいたします。


素材 10オンス・コットン100%・ツイル(綾織り生地)
附属 真鍮黒塗り糸付けボタン、国産針シンチ
縫製 総綿糸
Made in JAPAN

32 ウエスト83.0 股上(前27.5,後40.0cm) レングス80.0cm ワタリ幅32.5cm スソ幅22.0cm
34 ウエスト89.0 股上(前28.2,後40.6cm) レングス80.0cm ワタリ幅34.0cm スソ幅22.0cm
36 ウエスト95.0 股上(前28.9,後41.2cm) レングス80.0cm ワタリ幅35.5cm スソ幅22.0cm
サイズ表

Workers K&T H MFG Co.
岡山を拠点にし、主にアメリカ物ワークアイテムを紹介しているブランドです。
実際のアイテムを調べる事はもちろん、そのアイテムを作っていたメーカーや現存する建物にまで足を運び歴史を調べ上げてアイテムづくりのヒントにしています。
生地やパーツにこだわり抜いた商品ながら非常にコストパフォーマンスの高いアイテムが特徴です。
型番 Workers K&T H MFG Co."Buckle Back Trousers, Beige"
在庫状況
sorry... sold out
購入数
売り切れ