Workers ワーカーズ“Overall, Shadow Stripe”

Workers(K&T H MFG Co.)“Overall, Shadow Stripe”
カバーオールウェストハイオーバーオールズときたらオーバーオールも作らないわけにはいきません。

デザインはシンプルなフロント1ポケット。ボタンもあえてすべて無刻印のものを使いました。

肩ひもはバックで身頃に縫いとめられたデザインで、調製金具は針刺しのクラシックなバックル。針刺しなので、周りの物・人を傷つけないよう、注意してご着用ください。

バックも1ポケット。ツールポケットも無し。豪華なデザインはいくらでもできますが、この生地が作られていたであろう1910-20年代のワークウェアを想定して、地味に、シンプルに作りました。

生地はビンテージを参考に土台の生地を作りました。
糸は、わずかにムラのある10番糸、比較的太い糸です。
テンションを弱く、打ち込み本数も少なく織り上げます。
独特のふんわりとしたさわり心地の生地は現代ではあまり見られません。
というのも、一言で言えば目の粗い生地であるため、縫製後に巻き縫いが浅いとパンク(滑脱)がしやすい。
生地自体を手で思い切り引っ張れば目が動くぐらいです。
こういった生地は現代の高い品質基準から見ると生地屋さんがリスクして作ることは少ないのです。
ということで、ベースの生地からWORKERS別注で織ってもらい、それからインディゴ染め。
できる限り濃く染め、さらにそれを抜染プリント。
表・裏別型で二度プリントしています。圧力と、薬品の濃度のコントロールが難しく、表はすっきり抜け、裏までは貫通しないのがポイントです。
Wabash、Polka Dot、Black Stripeはベース生地も薄く、思い切り裏まで貫通するように抜染していましたが今回のシャドーストライプは本来織物で作る生地のイミテーションをプリントで作るというのが目標です。
このため、裏にも別型を用意してあたかも織物の裏目であるかのようなプリントを入れています。

素材:6.5オンス・コットン100%・シャドーストライプ
附属:二本爪・S字ワイヤー入りボタン
Made in JAPAN

洗い後のサイズ
42 ウエスト109.0 股上(前35.0,後51.4cm) レングス82.0cm スソ幅25.5cm
サイズ表


Workers K&T H MFG Co.
岡山を拠点にし、主にアメリカ物ワークアイテムを紹介しているブランドです。
実際のアイテムを調べる事はもちろん、そのアイテムを作っていたメーカーや現存する建物にまで足を運び歴史を調べ上げてアイテムづくりのヒントにしています。
生地やパーツにこだわり抜いた商品ながら非常にコストパフォーマンスの高いアイテムが特徴です。
型番 Workers K&T H MFG Co."Overall, Shadow Stripe"
在庫状況
sorry... sold out
購入数
売り切れ