SUGAR CANE "14.25oz. DENIM, 2021 MODEL, SLIM TAPERED"

 
SUGAR CANE "14.25oz. DENIM, 2021 MODEL, SLIM TAPERED"
デニムブランドであるシュガーケーンを象徴する STANDARD DENIM (スタンダードデニム)シリーズです。
このレーベルでは単にヴィンテージジーンズにみられる外観上のディテールのみを踏襲するのではなく、糸の紡績にはじまり、染色、織り、縫製まで全行程にこだわってヴィンテージを復刻。
多くの人々に愛用され、時代に左右されない定番として長年作り続けられる「スタンダードなジーンズ」を生み出しています。

STANDARD DENIMは2002年にLot No. SC41947 からスタート。ブランドの代表作として20年間作り続けられてきたこの「1947モデル」を筆頭に、細身のストレートシルエットへとアップデートした Lot No. SC42009やLot No. SC42014などのモデルをリリースしてきました。

そして今回、STANDARD DENIMに新たに加わるLot No. SC42021は、シリーズ初のスリムテーパードシルエット。
上記のいずれとも異なる細身のシルエットだが、最大の違いは生地の厚さ、SC42009や SC42014は履き心地を考慮して12オンスのデニムを使用していたが、この SC42021 には SC41947と同じく旧式の力織機で織り上げた14.25オンスのセルビッジデニムを採用しており、大腿部のヒゲや膝裏の蜂の巣状のアタリなど、ライトオンスのデニムとは一線を画すエイジングに期待できます。

各部のディテールは1940年代後半のヴィンテージジーンズにみられる魅力を余すところなく再現したシュガーケーン「1947モデル」をベースとしています。
フロントはボタンフライ。ヴィンテージに倣い、オリジナル刻印入りの鉄製ボタンを使用している。コインポケット口の端にはセルビッジを配し、打ち抜き式の銅製リベットで補強。

鹿革製のパッチはウエストベルトの上部にステッチをかける際、ベルトループと共に縫い付けられれ、また規格が未統一の時代に作られたヴィンテージ同様、縫製には色と太さの異なる数十種類の綿糸を各所で使い分けています。
外側からは見えないが内側から確認できるヒップポケットのコンシールリベット(隠しリベット)。剥き出しの状態のリベットでは馬の鞍などを傷つけてしまうおそれがあることから、1937年より採用されたディテール。

着用時に負荷のかかる小股部分のステッチには太番手の綿糸を使用。生地が集まる厚い部分に補強のカンヌキ(バータック)が入れられています。
ポケットの袋地のカドの部分はカーブ仕上げ。アウトシームの縫い代端にはセルビッジを使用しており、裾上げステッチの内側はチェーンステッチになっています。

ワンウオッシュ MADE IN JAPAN
30 ウエスト 78.0cm 股上(前 28.5cm, 後 35.0cm) レングス 76.0cm ワタリ29.5cm スソ 20.0cm
31 ウエスト 80.5cm 股上(前 29.0cm, 後 36.5cm) レングス 76.0cm ワタリ30.5cm スソ 20.5cm
32 ウエスト 82.0cm 股上(前 30.0cm, 後 37.5cm) レングス 76.0cm ワタリ31.5cm スソ 20.5cm
33 ウエスト 84.0cm 股上(前 30.5cm, 後 38.0cm) レングス 76.0cm ワタリ31.0cm スソ21.0cm
34 ウエスト 86.5cm 股上(前 31.0cm, 後 38.5cm) レングス 76.0cm ワタリ31.0cm スソ21.5cm

SUGAR CANE(シュガーケーン)「サトウキビ」という名を持ついかにもアメリカ的なこのブランドこそ、日本に誕生した初めての米軍向け衣料メーカーである。
1965年、米軍によるベトナム戦争への本格的介入を機に、米軍基地関係者を対象にSUGAR CANEの生みの親である東洋エンタープライズは設立された。
その後、米軍向けの衣料製造と共に国内への米軍サープラスの流通窓口としての展開も行い、ベトナム戦争が1975年に終結すると完全な国内向けの衣料メーカーに転身。
当時米軍基地に駐屯していた将校によって「SUGAR CANE」と名付けられる。
SUGAR CANEの誕生は日本でありながら、米軍基地を相手に育っただけにその精神も物作りのノウハウも本場仕込み。
当時から現在に至るまでアメリカのシンボルとも言えるデニム素材を中心とした本格仕込みのワークウェアを作り続けている。
型番 SC42021
販売価格
16,800円(税抜)
サイズ
購入数