SUN SURF × 葛飾北斎 "SPECIAL EDITION, 富士越龍図"


SUN SURF × 葛飾北斎 "SPECIAL EDITION, 富士越龍図"
日本を代表する芸術家であり、世界に最も名の知れた日本人の葛飾北斎の作品"富士越龍図"がプリントされたアロハシャツです。

晩年の北斎には、掛け軸に龍を描いた作品が多く見受けられます。
龍は聖獣であり邪気を払う縁起物として好まれていたことから、当時は正月用の作品として多くの依頼が舞い込み、黒雲を呼び富士を越えて昇天するこの作品は晩年の北斎自身の心境の投影とされています。

本作は外隈(そとぐま)を用いて巧みな筆致で描かれた北斎の代表的な肉筆画のひとつ。 墨画(ぼくが)とは、墨で描く絵画の様式。
線の描写だけでなく面的に墨を使ってぼかしを用いることで墨画(ぼくが)とは、墨で描く絵画の様式。
線の描写だけでなく面的に墨を使ってぼかしを用いることで、濃淡・明暗を表現する点が特徴である。
このアロハシャツは北斎の作品に倣い、捺染の際に「墨」顔料を使用して摺り上げられています。

サンサーフが作るハワイアンシャツは世界でも有数で柄に合わせたココナッツや竹、貝ボタン、胸ポケットの柄合わせなどなどはもちろんの事、「人絹」と呼ばれ、 植物を原料とする天然由来の繊維であるレーヨンの織り方たプリントの発色の良さ、扱いずらい素材の縫製など、長年の研究に裏打ちされたアロハシャツは素晴らしい仕上がりです。
※洗濯の際はクリーニング店にご相談下さい。

"Dragon flying over Mount Fuji" by Katsushika Hokusai
作品名: 富士越龍図(ふじこしりゅうず)
作者: 葛飾北斎(かつしかほくさい)/ 絹本墨画淡彩/ 嘉永2年(1849年)頃
素材 レーヨン100%(RAYON FUJIETTE)
プリント オーバープリント(墨顔料)
MADE IN JAPAN
M 肩幅49cm 身幅58cm 着丈67cm 袖丈22cm
L 肩幅51cm 身幅61cm 着丈70cm 袖丈23cm
XL 肩幅53cm 身幅64cm 着丈72cm 袖丈24cm

・葛飾北斎 1760年10月31日〜1849年5月10日(満88歳没)
葛飾北斎(かつしかほくさい)は日本を代表する芸術家であり、世界にもっとも名の知れた日本人です。
北斎の作品は1867年のパリ万国博覧会にて、初めて海外で紹介されました。その大胆な構図や明るい色彩は従来のヨーロッパ絵画に無かったものであり、ヨーロッパの芸術家たちに大きな影響を受けた画家には、フィンセント・ファン・ゴッホやクロード・モネ、エドガー・ドガなどがおり、音楽家のクロード・ドビュッシーも『富嶽三十六景 神奈川沖浪裏』に着想を得て、交響詩『海』を作曲。このように西洋美術史にまで影響を与えた北斎は、世界における評価が高く、1960年にウィーンで開催された世界平和評議会において世界の文化巨匠として顕彰されました。1999年にはアメリカの雑誌『ライフ』で「この1000年でもっとも偉大な業績を残した100人」として日本人から唯一選ばれ、欧米ではその後も19世紀最大のアーティストと讃えられ続けています。
北斎は宝暦10年(1760年)に本所割下水付近(現在の墨田区亀沢付近)で生まれ、生涯のほとんどを墨田区内で過ごしました。古くはこの辺りを葛飾群(かつしかごおり)と呼んだことから、自身の画姓にしたといわれています。勝川春章に入門し、勝川春朗(かつかわしゅんろう)としてデビューした後は次々と画号を変えながらキャリアを重ね、還暦を過ぎたころ為一(いいつ)と改名しました。この頃にかの有名な『富嶽三十六景』や『百物語』シリーズ、武者絵など錦絵版画の代表作を完成させます。
北斎は人生のすべてを画業についやして膨大な数の作品を残し、波乱万丈の人生を送りました。自身の作品には病的なまでのこだわりを持ち、決して妥協を許さない芸術家であったといわれています。

「日本の意匠 National Treasure of Japan」とは? 日本の文化芸術がさらなる広がりをみせた江戸時代の絵師たちに焦点を当て、アロハシャツというキャンバスに巨匠たちの作品を再現し、日本が世界に誇る意匠(デザイン)に込められた情熱を現代に蘇らせる。葛飾北斎の作品とのコラボレーションから始まったこのシリーズは新たなアーティストを加え、次なる展開を迎える。
© すみだ北斎美術館 THE SUMIDA HOKUSAI MUSEUM

SUN SURF(サンサーフ)とは、アロハシャツの黄金時代とされる1930〜50年代にかけて作られた「ヴィンテージ」と呼ばれる貴重なアロハシャツを生地からプリント、各部のディテールまで妥協なく再現し、現代に蘇らせているブランドである。

サンサーフの歴史は深く、時をさかのぼること1950年代。
ハワイの発展に呼応するかのようにアロハシャツも最盛期を迎えていたが、ハワイには捺染の設備が無かったことからプリント生地はアメリカ本土もしくは日本へと発注されていた。
当時、輸出・輸入業を手掛けていた港商商会(東洋エンタープライズ社の前身)はスカジャンをはじめアロハシャツやボーリングシャツなどを米軍ベースへ納入。
アロハシャツに関しては「ファッションマート」というブランドラベルを付け作製していた。
現在ヴィンテージとして扱われているアロハシャツを実に60年前、実際にハワイへ輸出していたのである。

その後、港商商会はベトナム戦争の終結とともに「東洋エンタープライズ」と名を変え、日本国内向けの商品をスタート。
そして1970年代、アロハシャツブランド「サンサーフ」を誕生させた。
設立当初から輸出・輸入業に携わりアメリカの文化に慣れ親しんでいた同社だけに、アメリカンヴィンテージの魅力の虜となったことは当然と言えるだろう。
1980年代に入ると本格的にヴィンテージアロハシャツを意識した物作りを始めるが、その魅力を再現することはそう容易い作業ではなかった。

特にアロハシャツの最大の魅力である「色」、つまり絵柄の発色の良さは、現代のプリント方法では当時の風合いがまるで出せず、味気ないものとなってしまう。
そこで、資料として収集した数千着にもおよぶヴィンテージアロハシャツを分析。
その結果をもとに、当時のプリントを再現できる工場を探す作業からスタートしたのである。

また素材についても、ヴィンテージと同じ風合いを持ったレーヨンは流通していないため、糸の紡績から織りの強弱まで着手したSUN SURFオリジナルの生地を作製。
さらには身頃に現れる絵柄の配置にまでこだわり、現在主流の生地幅では柄出しが合わないことから当時の生地幅に合わせて布地を織り上げ、シャツに仕立てている。

そして縫製。伸縮性があり滑りやすいレーヨン生地は、裁断や縫製に非常に高い技術を要する。
作品によっては、ポケットや身頃までも柄合わせを行うなど、そのこだわりは細部まで抜かりない。
ヴィンテージに見られる縫製仕様を再現し、貝・ココナッツ・竹など多種多様な素材のボタンを使い分け、柄の構図から配色に至るまで日々研究を重ねている。
このような地道な作業からひとつひとつ答えを導き出し、そこから生まれたノウハウを生かしてサンサーフのアロハシャツは作られているのだ。

今や希少で入手困難なヴィンテージアロハシャツ。
その魅力を時とともに風化させず、より多くの人々に楽しんでいただけるよう、サンサーフは数多くの名作を現代に蘇らせ続けている。
型番 SS38198
販売価格
25,000円(税抜)
サイズ
購入数