Workers K&T H MFG Co "Lot 802 Zipper, Sanforized"


Workers K&T H MFG Co. "Lot 802 Zipper, Sanforized, Size32"
SHIRT Workers K&T H MFG Co "1 Pocket Work Shirt, Blue Chambray, Size 15.5"
CAP HIGHER "SELVEDGE DENIM BELLET"

Workers K&T H MFG Co "Lot 802 Zipper, Sanforized"
以前から作りたかったジッパーフライのジーンズ。でも作るのをずっと悩んでいました。理由は一つ。ボタンフライよりコストがかかるため。生地に防縮加工をかける、これだけで加工賃+ 生地が1 割近く縮むので、その分生地単価も上がります。フロントもボタンより高価なファスナー。

悩みに悩んだのですが、最後にTCB の井上君から
「でもWORKERS のトラッド・アイビー的なスタイルには防縮かかって細身のブルージーンズって合いますよね」の一言。こうやってたまに良いこと言うから彼は憎めないのです。 そんなTCBさんの精神的ご支援?あって作ったジッパーフライ。

形は802型。腰回りはゆとりがある、膝も窮屈ではない、でも裾はすっきり細身。802Zにだけはピスネームもつけてみました。

ジッパーをつけるには、生地を防縮 しないとジッパーの収縮・生地の収縮が合わない。ジッパーが波打ってしまう。そこで防縮加工になるのですがここも悩ましいのが「防縮・ねじれ防止・毛焼き」これらの工程をすべてやるのか、はたまたどれか外すか。悩んで、今回は防縮 のみ。ねじれはある程度自然に出て、脇のミミのアタリが少し前に出てきてほしい。毛焼きもしないで、米綿100 で作っ た糸の風合い、色が徐々に落ちつつまずは毛羽が立つ。それから、毛羽がさらに落ちて行ってもう一段風合いの変化が楽 しめます。

コーディネート、TCB さんおすすめの通り、トラッド的が定番。細身のジーンズにボタンダウンシャツ。プルオー バーのボタンダウンも。その上にブレザーを着れば、チノとは一味違う、ラフなアメトラスタイルです。製品はOW済です。



Lot 802のジッパーバージョン。写真ではわかりづらいですが、生地は防縮加工が入っています。最初から、ある程度縮んでいるのでファスナーをつけてもうねらない。
一口に「防縮加工」と言っても
・縮みを止める
・ねじれを止める
・表面の毛を焼く
と工程があるなか、今回は「縮みを止める」だけにしています。ジーンズ、デニムが持つねじれたり、穿き込んで毛羽が落ちていく雰囲気は残したかったためです。



カムロックのグリッパージッパー。品質的にはYKKで何の問題も無いのですが、やはり雰囲気の問題で別メーカーのファスナーにしました。


小股と比翼止め。ダブルステッチの比翼止め横にカンヌキがあるのがいかにもジッパーフライらしい部分。


コインポケットは耳付き。あえて、ポケット左右を後から折る仕様。


ピスネームを今回はつけてみました。やっぱりかわいいですね。



生地に合わせて文言を変えたフラッシャー。「防縮」と言っても、ちょっとは縮むので縮率3%以下と明示しています。





WORKERS定番の右綾デニム。米綿、EMOT100%。イースタン・メンフィス・オーリンズ・テキサスの混綿。いわゆる、普通の米綿です。
この「普通」が大事で、そもそも、ジーンズは実需衣料。アメリカで、普通に手に入るコットンで、普通にインディゴ染され、普通に織られていた。
でも、今はその普通が普通じゃなくなってしまっている。日本で普通に手に入る糸は、米綿だけでなく、オーストラリア、中国等、色々な国の綿が混ぜられている事が多いです。逆に、そうで無い糸は「スーピマ」とか「スビン」とか、ブランド綿的な方向性。

そうではなくて、普通の米綿100糸が欲しくて作ってもらっているのが、WOREKRSのこのEMOT7番単糸なのです。Back to basic、Get backなわけです。


素材 14オンス・米綿100%右綾デニム・防縮加工
付属 : オリジナルボタン・銅リベット・グリッパージッパー
縫製 : 総綿糸・6番〜30番使用
MADE IN JAPAN
30 ウエスト77.0 股上(前24.0cm,後35.8cm) レングス80.0cm ワタリ幅30.8cm スソ幅18.0cm
32 ウエスト82.0 股上(前24.0cm,後36.0cm) レングス80.0cm ワタリ幅32.0cm スソ幅18.5cm
34 ウエスト87.0 股上(前24.4cm,後36.8cm) レングス80.0cm ワタリ幅33.2cm スソ幅19.0cm

Workers K&T H MFG Co.
岡山を拠点にし、主にアメリカ物ワークアイテムを紹介しているブランドです。
実際のアイテムを調べる事はもちろん、そのアイテムを作っていたメーカーや現存する建物にまで足を運び歴史を調べ上げてアイテムづくりのヒントにしています。
生地やパーツにこだわり抜いた商品ながら非常にコストパフォーマンスの高いアイテムが特徴です。
型番 Workers "Lot 802 Zipper, Sanforized"
販売価格
19,000円(税抜)
サイズ
購入数