Workers K&T H MFG Co "Baker Trousers, Reversed Sateen, Reactive dyeing, OD"

Workers K&T H MFG Co "Baker Trousers, Reversed Sateen, Reactive dyeing, OD"
バックサテンが好きです。皺に成りづらい、適度な伸縮性があり動きやすい、強度がありラフに扱ってもへこたれない。 穿き込むほどに柔らかくなり、着やすくなり、その一本がぼろくなっても捨てられなくなる。

でもバックサテン=ベーカーパンツのデザインばかり。そして、今まで使ってきたバックサテンは、反染めが硫化なので 穿き込むと強烈に色が落ちる。あれあれで「リプロ」とか「ビンテージライク」な雰囲気としては正解ですが、もう少し、 長い期間、綺麗に穿きたい。

そこで生地屋さんに
「あのベーカーパンツのデッドストックやMIL-C-10296J を元にして作ったバックサテン。ベースはそのままに染めを反応染めにして経年変化を押さえた生地を作ってほしい!」とリクエストして出来上がったのが今回の 「Reversed Sateen, Reactive dyeing(反応染めのバックサテン)」。

形はWorkers の定番、Officer Trousers Slim のシルエットを元に、フロントはチノパン、バックはベーカーパンツの デザインに。ダーツを残しヒップの丸みはキープ。

OD はいわゆるオリーブ色。硫化染めより発色が良く、緑が強い。 COYOTE、現行ミリタリーを狙った色ですがこれがかえってN-1 のような色目。ブラック、反応染めでできる限り黒く。 生地表面の毛羽が立つことで、若干アタリのようにも見えます。反応染めというと、もっと「ベタっと」色が出るかと思 いましたが、バックサテンであるからか生地表面に微妙なアタリが全体に出ています。
製品はOW済です。

ワーカーズ チノ ベーカー パンツ バックサテン 通販
前身はチノパン、後ろはベーカー!というほぼ出オチのようなパンツですが、これが意外と無いのです。
素材のバックサテン自体、どうしても「作るならベーカーでしょう」となるのですが、あのパッチポケットが意外と着る機会を選ぶ。原宿キャシディの方ぐらいアイコンになってしまえばよいのでしょうが、WORKERSはいまだちまちま工夫をしてしますのです。
前身頃はぱっと見チノパン。でも違いは・・・

ワーカーズ チノ ベーカー パンツ バックサテン 通販
コインポケットがありません。コインをつけるとゴロゴロするのであえて無くしました。これがチノパンだと「無いとデザインが締まりがない」とつけるのですが、こういう創作パンツは機能重視でデザインを考えます。斜め切り替えポケットは手が入れやすい。でもコインポケットはサイズによって「機能性あるの?」ぐらい小さくせざるを得ないのもコインを無くした理由です。

ワーカーズ チノ ベーカー パンツ バックサテン 通販
フロントボタンフライ、ここは機能性よりらしさが欲しかった部分。ヒヨク、途中途中見返しと止めるカンドメ。手間はかかるけど、好きな仕様なのです。

ワーカーズ チノ ベーカー パンツ バックサテン 通販
ウェストにはブランドネーム&サイズを兼ねるラベル。ミリタリー風ですね。

ワーカーズ チノ ベーカー パンツ バックサテン 通販
小股(前のカンドメから下)はニセ巻きと呼ばれる作り方。ジーンズでよくあるやり方で、トラウザーズではあまり使われませんが、無いわけでもないのです。実際、小股がニセ巻きになってるビンテージのチノパンもありました。それを見て以来
「ここが必ずこうでなくてはいけない」
という、原理主義というか、固すぎる考え方は改めました。機能性があり、自分が依頼している工場が得意な縫い方があれば、それを使わない手は無い!
たかが、ダブルのステッチなのですが、私にとっては本当に「WORKERSが一歩進んだな」と感じる部分なのです。

ワーカーズ チノ ベーカー パンツ バックサテン 通販
バックはぱっと見はベーカーパンツと同じく張り付けポケット+フラップ。
チノパンは「後ろの玉縁ポケット、中に袋布があるからごろつく」と感じるときがあります。ただ、WORKERSが作るようなチノパンの場合、あのゴワっと分厚いスレキが良さでもあるので難しいところではあるのですが。
今回のBaker Trousersはその袋布のゴワ付き回避、でもジーンズみたいに単純にたたきつけポケットだけでは締まりがない。ということでフラップ有りのベーカーパンツと同じ仕様にしました。

ワーカーズ チノ ベーカー パンツ バックサテン 通販
が、ベーカーパンツと違うのがこのダーツ。型紙のベースはチノパンなのです。
このダーツが大事で、ヒップの丸みを出せる。もっと簡単に言うと、1サイズ大きなヒップ周りに、ウェストだけがダーツで絞られているのです。ダーツの無いパンツの場合、少しゆったり目を選び、ベルトなり、タブなりでウェストを閉めればこのダーツと同じような効果は得られます。
ただ、こういうダーツが無くとも、生地の伸縮性で何とかしてしまうキバタのジーンズもあります。このあたりは、型紙で工夫したり、生地の特性を活かしたり、着方で快適にしたり・・・今までパンツを作ってきた人の知恵が見える部分です。

ワーカーズ チノ ベーカー パンツ バックサテン 通販
ループは背面側に5本。真ん中はオフセット。ウェストに流し込んでいるので厚みがある部分は避けたいからです。

ワーカーズ チノ ベーカー パンツ バックサテン 通販
ワーカーズ チノ ベーカー パンツ バックサテン 通販
フラップ、ポケットの角々は二本針ミシンをある設定で縫うと出る「チョウチョ」と呼ばれるステッチのワタリ。
現代の二本針ミシンは、片方だけ針を止める「針停止」がついていますが、昔はついていない。そうすると、自然にこの糸のワタリが・・・という話なのですが、実際にはこんなにきれいに糸が渡りません。なので、この製品は針停止を使いながら、糸が出るように縫っています。
自分で、その針位置停止がまったくないミシンを以前持っていたのですが・・・これが綺麗に縫うのは難しい!
ビンテージのように、二本針が手前とまろうが、おっと行っちゃった・・・で縫い外れていようと
「ワークウェアとして機能的にはOK!」なら使えるのですが、それ+α。あくまで「ビンテージやワークウェアの雰囲気を活かした、現代の品質基準に見合うもの」を作るのは、昔とまったく同じ方法だと難しかったりします。

ワーカーズ チノ ベーカー パンツ バックサテン 通販
ワーカーズ チノ ベーカー パンツ バックサテン 通販
脇・大股(内また)は巻縫い。パンツ自体、シルエットはそれほどルーズではない。バックサテンがチノより伸縮性があるので、ステッチも伸縮性のあるチェーン目。各部にストレスがかかった時に、生地+ステッチで、そのテンションを逃がしてくれる・・・と思います。

素材 10オンス・コットン100% 反応染めバックサテン
附属 尿素ボタン
MADE IN JAPAN

S ウエスト82.0 股上(前27.0cm,後38.0cm) レングス78.0cm ワタリ幅31.5cm スソ幅19.0cm
M ウエスト87.0 股上(前27.6cm,後38.7cm) レングス78.0cm ワタリ幅32.5cm スソ幅19.5cm
L ウエスト92.0 股上(前28.2cm,後39.4cm) レングス78.0cm ワタリ幅34.0cm スソ幅20.0cm

Workers K&T H MFG Co.
岡山を拠点にし、主にアメリカ物ワークアイテムを紹介しているブランドです。
実際のアイテムを調べる事はもちろん、そのアイテムを作っていたメーカーや現存する建物にまで足を運び歴史を調べ上げてアイテムづくりのヒントにしています。
生地やパーツにこだわり抜いた商品ながら非常にコストパフォーマンスの高いアイテムが特徴です。
型番 Baker Trousers, Reversed Sateen, OD
販売価格
15,000円(税抜)
サイズ
購入数