NANGA×CAL O LINE "CLASSIC PINNACLE DOWN JACKET, DARK ORANGE"


NANGA×CAL O LINE "CLASSIC PINNACLE DOWN JACKET, DARK ORANGE"
数少ない国内で製造できる日本有数のダウンブランドNANGAに別注をした NANGA製SHIGADOWNとCAL O LINEのダブルネームのダウンジャケットです。
エクストリームコンディションにも耐えうる1970年代のマウンテニアリングダウンをモチーフとしたクラシカルなダウンパーカです。
クラシカルなスタイルのむき出しのスナップボタン、腰ポケット、首回りの防風、保温性を考えられた特徴的なフード形状などクラシックな装いを現代の技術で作り上げました。
ダブルジッパー、袖口はゴム製の調整ストラップ、インナーにポケットあり。

2018FWは表地をNANGAを代表する防水透湿性ぶ優れた生地を使用したオーロラテックスを採用しました。
落ち着いた色目の表地とは対照的に裏地は鮮やかなカラーを配しています。

表地:オーロラテックス 裏地:15D NYLON, INSIDE 76FP 90%DOWN/ 10%FEATHER
MADE IN JAPAN
S 肩幅47cm 身幅54cm 着丈70cm 袖丈61cm
M 肩幅48cm 身幅57cm 着丈71cm 袖丈63cm
サイズ表

NANGA ナンガ
“ジャパンブランド”である“NANGA(ナンガ)”。
社名の由来はヒマラヤにある8,000メートル級の高峰“ナンガバルバット”。伊吹山の麓、滋賀県米原市の創業74年の国産「羽毛商品」メーカーです。主にシュラフ(寝袋)やジャケット・パンツ等登山アパレルを日本製にこだわって生産しています。
SHIGADOWNとは街着としてのダウンジャケットをコンセプトにしたレーベル。
安全で品質の高いダウンを使用し、独自の縫製技術と熟練の職人によって生まれるダウンジャケットは「暖かく、そして軽い」。
アウトドアシーンやタウンユースまで、幅広いニーズに対応し、世界に発信できるハイスペックなアイテム作りを目指しています。

2018AW
昔と今。モノクロとカラー。何気ない風景と鮮烈な色彩の調和。
南部からカリフォルニアへのロードトリップ。
モノクロ中心だったアート写真界でカラーによる可能性を切り開いた写真家エグルストンに影響を受けたコレクション。

あるものを生かしてないものを作る
自身のワードローブと調和する、似て非なるもの。
家、車、趣味、日常を刺激する、
新たなるもの 過去に作り上げられたものを見つめ直し、
ないものを作り出す。
あるものをいかしてないものを創る。

CAL O LINE キャル オー ライン
アメリカ黄金期のカルチャーと、後の自由を求めて生まれたカウンターカルチャー。相反する2つのカルチャーを彩った様々なファッションを独自の解釈で再構築します。
ファッションのベースとなるWORK, OUTDOOR, UNIFORMのカテゴリーを軸に、オーセンテックでユニークな日常着を提案します。

DESIGNER:金子 敏治
10代の頃よりアメリカンカルチャーとサーフィンに傾倒し、ブランドのデザイナーやディレクターを経て、
自身の今までの経験やライフスタイル、精通するVINTAGEの要素を反映させたブランド、CAL O LINEを2015FWよりスタートさせる。
型番 CNW-001
販売価格
59,000円(税抜)
サイズ
購入数